TATRAS

OUR DOWN

JACKET

機能的でスタイリッシュ。
都会の街に似合うダウンを目指して
2006年、「ダウン=カジュアル、アウトドア」という選択肢しかなかったころ、TATRAS(タトラス)は街で着られる、スタイリッシュなダウンを世に送り出します。最高品質のポーランドグースを使用しながら、生地に細かなステッチを駆使し、すみずみまでこだわり抜いてつくられたダウンは、シルエットが美しく、着心地も軽やか。カジュアル一辺倒だったダウンジャケットというアイテムに、モダンでラグジュアリー、という新たな価値を吹き込んだのです。「in everywhere」――ブランドコンセプトが示すとおり、TATRASのダウンは都会のライフスタイルにマッチするアウター。さまざまな人の、さまざまなシーンに心地よく寄り添います。
最高ランクの
ポーランドグースを
贅沢に使用
ダウンの産地として名高いポーランド。なかでも、世界的な羽毛試験監査機関である「IDFL」(IDFL LABORATORY AND INSTITUTE)により、7段階中の最高ランクである「CLASS1」の認定を受けたポーランドグースのみを使用。軽いのに保温性が非常に高いので、従来のダウンにありがちなボリューム感は抑えつつ、防寒することが可能に。
細かなパーツに至るまで
一切の妥協なく。
オリジナルで作成
ジップやスナップボタンなど、細かなパーツもすべてオリジナルで作成。機能性に優れているのはもちろん、デザインの完成度とブランドのオリジナリティを格段に高めてくれる。たとえばジップひとつとっても多くのバリエーションがあり、モデルごとに最適なものが選ばれている。
左腕のロゴマークに宿る
ブランドを象徴する
3つの想い
クロスが3つ並んだロゴマークは、「機能的、洗練された、唯一無二」という、ブランドに込められた普遍的テーマの象徴。TATRASというブランド名は、ダウンの産地であるポーランドのタトラ山に由来する。
都会的な
美しいシルエットは
手間暇をかけてこそ
TATRASのダウンジャケットといえば、大人が都会で着られる、スタイリッシュなシルエットに定評が。この秘密は、狭いピッチでステッチを施していること。手間はかかるが、これにより中のダウンが重力で落ちたり、膨張したりせず、スマートな仕上がりに。また、多くのモデルに採用されている両サイドの縦ステッチは、ダウンのボリュームを抑えながら、立体感のある美しいシルエットを演出。このように、細部まで手をかけることで、それまでどこのブランドもなし得なかった、ドレッシーなムードのダウンジャケットを生み出している。
パイオニア精神
TATRASはイタリア ミラノに拠点を置き、イタリアと日本でデザイン、ポーランドで生産を行うコーポレートブランド。ダウンの産地として名高いポーランドで、ダウンジャケットをつくれる工場を探し、現地のとある縫製工場を間借りしてスタート。現在は、ポーランドにある20カ所の工場を使い分けて生産している。
グローバルな視野
ポーランドに工場をもち、言葉の壁を乗り越え、販売経路を確保。現地の優れた技術者やスタッフたちと二人三脚でブランドを発展させたことで、ポーランドの産業支援、活性化にも貢献。
70以上の
パーツを使用
すべてのモデルが70以上のパーツを組み合わせてつくられる、TATRASのダウン。繊細な工程も多く、仮に1人の職人が1着のダウンを製作した場合、数日かかるほど。
優れた技術者たちの
手仕事
訓練を重ねた技術者たちが、モデルごとに縫い針を選定したり、運針数や縫製スピードを細かく調整。これにより、地糸切れを防止し、摩擦を最小限に抑えることができるので、生地が傷まず、「ダウン抜け」を軽減できる。
COMING SOON