TCS's Picks Vol.1

-ダブルブレステッドジャケット-

ファッションに求めるものは、多様化した現代に合わせるように様々。
ここではトレンドや実用性などあらゆる角度から、TATRAS CONCEPT STOREのイチ押しをピックアップ。
“今どき”が手に入る逸品をご紹介します。

スタイルの垣根を超えるダブルは、今まさに狙いどころ

このところ、トレンドは細分化しています。90年代ストリートに80年代ヒップホップ、はたまた英国クラシックやアメカジ、アウトドアと、もはや何でもありっちゃありな時代です。その中で、様々なスタイルを飛び越えて人気を集めているアイテムがあります。それが、ダブルブレステッドジャケットです。

ドレスの世界では英国クラシックを象徴するアイテムとして支持を集める一方、モードの世界では80年代を想起させるデフォルメされたシルエットが人気に。はたまた昨今のニューベーシックの台頭においてはドロップショルダーをゆったり羽織るなど、同じダブルブレステッドジャケットでも様々な楽しみ方が提案されています。

今回ご紹介するのは、そんな多様化時代を象徴する2着。〈TAAKK(ターク)〉の1着は、プリントで表現したユニークなアプローチが見どころ。〈RAINMAKER(レインメーカー)〉の1着は、一見クラシックながらアンコン仕立てで実に軽やか。同じダブルブレステッドジャケットでもここまで振り幅が広いのは、それだけ多様なスタイルで注目を集めているという証と言えます。つまり、手に入れるなら今ってコトです。

ラペルはダミー。そう、コレはダブルブレステッドジャケットの内部構造をレントゲン的に表現しプリントしたモノなんです。素材はポリエステル。軽い生地感は、ノーカラーと相まって実にリラックスした着心地に。クルーネックのカットソーやハイゲージのタートルネックニットとの組み合わせはもちろん、あえてタイドアップして遊びをより楽しむのもあり。クラシックに捉われない、まさしくイマドキなダブルブレステッドジャケットの好例です。

ワイドラペルの6ボタン仕様は、着姿こそ英国クラシック的な貫禄を示してくれつつも、その仕立ては実に軽やか。肩パッドといった副資材を徹底して省いた1枚仕立てはカーディガン並みのコンフォート感があり、カットソーとのコーデも似合うリラックスした着心地を楽しませてくれます。とは言え、ほぼ黒に近いチャコールカラーとあって、ビジネスにももちろんマッチ。オンオフ兼用をリアルに求めるなら、こんな1着は理想的です。

TATRAS CONCEPT STORE

STAFF

Photography:Toyoaki Masuda

Text:Masafumi Yasuoka