異色のテックウエアブランドがローンチ!

実力派デザイナー×老舗左官業!?

1990年代に“beauty : beast”を手がけ、パリでもコレクションを発表した山下隆生氏。
その後2000年にブランドを休止し、国内外の様々なファッションブランドやスポーツブランドのディレクションを担当。
そしてこの度山下氏がタッグを組んだのは、超老舗である左官業のリーディングカンパニー!?
日本の伝統を継承しながら現代的なファッションへと昇華させた異色のブランドを、ここにご紹介させて頂きます。

キッカケはニッカポッカ

「ニッカポッカをNYのスケーターに穿かせたらカッコいいと思う」。
国内屈指の老舗左官業の会長が、山下氏へ不意に発した言葉がブランド誕生のきっかけになった。
この事は、来日する著名なデザイナーが好んで西新宿にある某作業服屋に通いつめたり、かのマルジェラが名作となった“足袋ブーツ”を生み出したりと、日本のオーセンティックなワークウエアが世界のファッションシーンに与えた影響が計り知れないことにも重なる。

わずかな言葉の断片を紡ぎ、山下氏はモードでストリートなテクニカルウェアを表現することに決める。
「こんなブランドを作るのはどうですか?」 といったブレストを繰り返し、そこから約2年という月日をかけ、
入念なブランディングや開発期間を経て異色のタッグによる“タイガリオナ”が誕生したのです。

ということで、今回は2シーズン目となる2021SSの展示会場へお邪魔し、デザイナーの山下氏にインタビューさせて頂きました。
まるで求道者か哲学者のような深い洞察に基づくファッション観(というか人生観)に、思わずハッとさせられたのでした。

“三つ巴”のブランディングとは?

北原:現在のメンズファッションシーンでは、テックウエアがひとつのポジションを確立しています。
そんな中でもタイガリオナは、“日本の伝統的なワークウエアを進化させる”という独自の解釈が非常に興味深いです。

山下:ありがとうございます。機能的なウエアはアウトドアブランドをはじめ多く流通していますが、タイガリオナは“三つ巴”で構成している部分が大きな違いであると思っています。

北原:それは非常に興味深いキーワードですね(笑)。

山下:モノ軸で考えた時に、“質実剛健”という言葉をブランドスピリットに据えました。

北原:“三つ巴”も“質実剛健”も実に日本らしい言葉です。

山下:まず“質実”ですが、質の高い内容と品質の良さ、実用性やデザイン、これが僕自身が担う部分で、“剛”は強さ(タフさ)や強度、縫製などの耐久性を表しているので生産チームがワークウエアの工場背景を駆使してそこを担う。
最後の“健”は健康、つまりスポーツウエアの持つ機能やパターン、素材をスポーツに特化したデザインチームが担います。

北原:つまり見た目や人とのコミュニケーションの部分を担うファッション性、機能的でタフな作り、そしてスポーツウエアのフィット感を組み合わせたということですね。

山下:その通りです。どんなブランドでもひとつは必ず軸がありますよね。
そしてテックウエアのブランドの強みは「スポーツ×ファッション」であったり、「機能×ファッション」といったようにふたつを掛け合わせたものが多い。

北原:それに対してタイガリオナは三つ巴で三つの力を拮抗させている、と。納得です。

これぞ日本のお家芸“ニンジャスタイル”

北原:デビューシーズンのコンセプトは?

山下:“飛伝”です。いわば忍者スタイル。忍者は凄いスピードで走ったり飛んだり激しく戦ったりしますよね?
つまり着物がベースでありながら機能や機動力を追求してあのスタイルが完成した。

北原:“Ninja”は世界共通言語ですよね。漠然とした憧れを持つ人は世界中にいると思います。

山下:タイガリオナの主力アイテムにニッカポッカ風のパンツや足袋スニーカーがありますが、ルーツはそこにあります。

北原:ニッカポッカはオランダの子供用のズボンであったニッカボッカーズという説と、忍者や大工の着物や股引という説がありますね。

山下:そうですね。膝の可動域を広く取り、裾に向かって絞り込むことで動きやすさを確保した合理的なデザインと言えます。

北原:伝統的なスタイルを進化させ、さらに現代的なファブリックで今の時代に合ったスタイルに着地させたと。

山下:守るべき部分と、進化させる部分をハイブリットしたイメージです。

北原:なるほど!

 
 

キラーアイテム発見!

北原:個人的にはこの半被(はっぴ)もツボでした(笑)。

山下:ありがとうございます(笑)。この半被もニッカポッカ同様、タイガリオナを代表するアイテムになります。
日本人として守っていかなくてはならないデザインだと思っています。

北原:そうですよね。日本の伝統的な羽織りを機能素材とパターンで進化させたまさにハイブリットな半被だと思いました。

山下:おっしゃる通り。袖口を絞り込んでスッキリさせていて、難燃素材なのでアウトドアでも活躍してくれます。

北原:さらにフードがデタッチャブルなんですね。半被をスポーティに着こなせたら相当カッコいいです。

山下:今で言うところのコーチジャケットみたいな存在だったんじゃないかな、と。

北原:たしかに! ところでこのイカしたマークは何ですか?

山下:これは会長の会社に古くから受け継がれて来た“纒(まとい)”のマークなんです。

北原:いわゆる“め組”みたいな?

山下:そうです。象徴的なロゴなので、アイコンとして採用させて頂くことにしました。

伝統を別の視点で解釈する

北原:伝統的なものって、総じて今の時代ならではのアプローチでハイブリットさせて新しい価値観を作っていかないと忘れ去られたり、廃れていったりしてしまいがちですよね。

山下:そうだと思います。

北原:そういった意味でタイガリオナのアプローチは意義あることだと感じます。他に日本的な要素は何ですか?

山下:そうですね、カラーコンセプトを「墨黒」の黒と「日の丸」の赤と白の3色で構成しています。

北原:おぉぉ〜まさしく日本らしい(笑)。

山下:後は手裏剣と呼んでいるこのアイコン。タイガリオナのTとAとGを組み合わせました。

北原:なるほど〜。細かなところにまで意識が行き届いていますね! この下の部分が空いているのはベンチレーション?

山下:それもありますが、タイガリオナのアイテムの多くは工事現場で必須な安全帯(ハーネス)を通せる仕様となっています。

北原:このパンツもそうですね。

山下:そうです。このFIDLOCKのバックルを外せばフラップになっています。逆にこの安全帯の邪魔にならない作り、という制約があるからこそ、普通にはない位置にポケットがあったりとデザイン上のアクセントにも繋がっています。

北原:確かに見たことのないディテールです。

過去、現在、そして未来へ

北原:山下さんと言えば90年代のビューティビーストが象徴的なブランドですが、昨年にリ・スタートされました。
さらに実験的なブランドである“ダミーラン”もヨウジヤマモト社の創成期からブランドを支え続けた大谷氏と共にスタート。
このタイガリオナを含めて3ブランド同時に進めることになった経緯は?

山下:2000年にビューティビーストを休止してからの間、アパレルからスポーツまで様々な企業でディレクションをさせて頂きました。
その中でもアディダスやアシックス、オニツカタイガーではスポーツテクノロジーを学ばせてもらいました。
その間もファッションの居場所、つまり「ファッションって何?」をずっと探していたんです。
そうしてようやく、3年前くらいかな? 自分にとってファッションは「社交性や人となりを表す道具である」という答えに行き着きました。

北原:深い…

山下:スポーツウエアって、結局は競技性であったり、カジュアルラインを出したとしてもその延長でしかない。だからデザインすると言うよりも、設計に近い。

北原:なるほどなるほど。

山下:で、そんなスポーツウエアに飽きてしまいまして(笑)。

北原:またファッションへの想いが再燃したわけですね!

山下:そうです。テクニカルなことをはじめ知識や経験を長年蓄積して、溜まったものを今度は出力するフェーズに入ったのがここ数年です。

北原:ちょうどいいタイミングだったんですね。3ブランドを同時に進めるのは難しくないですか?

山下:僕の中では、“ビューティビースト”がアーカイブやヒストリーを大事にしつつリブートさせる役割、つまり過去。
“タイガリオナ”が今だったらこんな感じが気分だよね、という部分を大事にした現在。
そして“ダミーラン”は、未来はこうなるんじゃないか、というファッションのセオリーを無視したやり方。つまり未来。
この過去、現在、未来という3つの時間軸で各ブランドを捉えています。

北原:そこまで考え抜かれていることに驚きを隠せません…

山下:そうは言いつつも、実際は大変な部分も多々ありますけどね(笑)。

北原:ですよね、それを聞いてある意味安心しました(笑)。でもご自身の過去、現在、未来を投影するというコンセプトには非常に共感もしますし、羨ましくも感じます。

山下:昔は「なんでデザイナーをやってるんですか?」という問いに答えられませんでした。でも今は明確に答えることが出来ます。

北原:そこに全てが集約されていますね! ちょっと話が脱線してしまいましたが、山下さんがどんな想いでタイガリオナを始められたのかがよく理解できました。ポップアップも楽しみにしています!

以上、山下さんのインタビューはいかがだったでしょうか?
最後に、山下さんならではの印象的な言葉で締めくくりたいと思います。

「ひとつひとつのアイテムは単語であって、その組み合わせ、つまりスタイリングすることで文章になる。その人=個性となる。その信号を発信することによって、この人はこういう人なんだな、と受け取られる。そこに言葉は必要ない。そんな風に、人間と人間の距離感を縮めるのもファッションの役割としてあるんじゃないかなと。そのコアなmodifier(修飾語)を作るのが、ブランドの役割だと思っています。」

■山下隆生(Takao Yamashita)さんプロフィール
1994年に東京コレクションに先駆けてパリにてbeauty:beastデビューコレクションを発表。2000年に活動を休止。
その後フランスのrenoma PARIS、イタリアFILAのフィットネスラインなどヨーロッパブランドのクリエイティブ・ディレクションを経て、adidasのスポルト・カジュアルス、asicsのランニングおよびフィットネス、ONITSUKA TIGER、DRESS CAMP、伊勢丹やアダストリアなど、企業ブランドのディレクションを手がける。
メンズ、レディス、キッズ、スポーツから、カジュアル、ハイファッション、フォーマルまで様々なカテゴリーのデザインディレクションを網羅する。

POP UP INFORMATION

STAFF CREDIT

Edit & Text by TETSUO KITAHARA

OTHER POSTS IN

Art & culture